ミニバンのインチアップはするべきか?

クルマのドレスアップの定番インチアップ。
標準サイズより大口径なホイールに変更し、
外径を変えないためにタイヤの扁平率を変更するというもの。
タイヤとタイヤハウスの隙間が減り見た目の印象が良くなるほか、
ワイドタイヤに変えることでコーナー性能もアップする。
これらはスポーツカーやセダンではお決まりのチューンだが、
“走り”を目的としないミニバンで果たして効果があるだろうか?

結論から言えば「大いに効果がある」だ。
ミニバンの場合はクルマの形状から横風の影響をうけやすく、
どうしてもフラフラした走りになりやすい。
アルファードなど重量が重いミニバンになるほど影響は大きくなる。
この症状を軽減するのに効果的な手段がインチアップだ。

インチアップして扁平タイヤに変えることによって、
直進走行時のフラつき感解消とコーナリング性能アップの効果がある。
デメリットとして路面からの突き上げを拾いやすく乗り心地は悪くなる。
一般的には扁平率50以下のタイヤになると乗り心地が悪くなりやすい。