龍谷大平安、初戦敗退で夏が終わる

今日から始まった夏の高校野球甲子園大会。
初日の注目カードは龍谷大平安と春日部共栄の一戦。
平安は春のセンバツ大会で優勝しており、
この大会での春夏連覇が掛かった大事な一戦だった。

しかし結果は5対1で春日部共栄の勝利。
平安の連覇は初戦であっけなく潰えることとなった。
この試合を見て改めて高校野球における初戦の難しさを痛感した。
平安の各打者は相手投手の緩急に翻弄され、
まともにスイングさせてもらえず犠牲フライによる1得点のみ。
春の大会や地方予選であれほど打っていた打線が沈黙した。

また開幕第一試合というのも影響したかもしれない。
開会式直後で気持ちがゲームに入りきらないうちに連打され、
投手や野手が焦ってミスを連発するシーンがあった。
得点を許したのは初回の5点のみだったが、
この5点が重く圧し掛かり最後まで平安らしさを出せなかった。