お気に入りの愛車、スーパーカブ50

新車で買って7年目に入ったスーパーカブ50を持っています。
インジェクションモデルにかわった最初の型で、
キャブレター用にインジェクションを積んでいるので全体のバランスはあまりよくないらしく、
乗り始めは何度も故障して販売店に何度も持ち込み、
バイク屋の店員さんにこの型は故障が多いですと聞かされていました。

このバイクを買った理由は、委託でポスティングの仕事を請け負っていたときに、
投函の効率を重視したことと、整備のしやすさ、カスタマイズが豊富だったこと、
そして何と言っても燃費の良さからスーパーカブにしました。

最初はカブ独特のクラッチ操作に慣れるまでが大変でしたが、
慣れてしまえばこのクラッチのほうが楽で運転していて楽しく感じてきました。
スクーターはただアクセルをひねるだけなので運転している実感がカブに比べると感じられなくなってしまいました。

7年目に入った今でもカブの燃費はいいです。
以前は田舎に住んでいたので燃費を気にして乗っていました。
今は引っ越して街中にいて信号待ちなどでのストップ&ゴーを繰り返すことと、
給油の回数がかなり少なくなったことから燃費はあまり気にしなくなりましたが、
おそらくは今でもリッター60から70キロは走っているはずです。
カブは販売から50年を越える歴史があるのでパーツがいろいろ売っていて、
カスタマイズをしている人もたくさんいてネットで検索するとおもしろいカブがヒットするので、
ここまでカスタマイズできるものなのかと楽しみながら参考にもしています。