実家に放置されていた弟のバイクを売却

昨年のGWに実家に帰った時のこと。
玄関の横にしばらく乗った様子がないバイクが置いてありました。

よく見るとタンクは埃が被っているし、ミラーは蜘蛛の巣が張っているし、メッキパーツはくすんでいます。
「いつから放置されていたんだ?」と気になって母に聞いてみると、
弟が去年まで乗っていたけど、一人暮らしをするために家を出てからは乗っていないとの事。

すぐに弟に連絡を取って乗らないなら処分するように行ったのですが、
「今は乗らないけどまた乗るので置いてて欲しい」との返事。
なんともスッキリしない回答だったのですが勝手に売ることもできず、本人の希望通りそのままにしておきました。

しかし今年のGW一年ぶりに実家に帰ってみると、
何とそのままの状態でバイクが放置されているではありませんか。

何も手入れされていないので一年前よりさらに状態が悪くなっており、
さすがに母も「邪魔になっている」というので弟を説得。

買取代金はそのまま弟に渡すという条件で、バイク王に査定を依頼することにしました。

バイクがいくらで売れようが私には関係がない話なのですが、あまり安く売るのは弟に悪いと思い、
査定の前に洗車してエンジンが掛かる状態に調整しておきました。

それが良かったのか思っていたより高い値段で買取ってもらうことができ、最初は文句を言っていた弟も満足した様子でした。
バイク王の査定がどんな感じで行われるのか気になる方は、こちらのサイトが参考になります。
参考:バイク王 査定

岸和田育ちの友人から勧められた石才飯店

以前大阪に旅行で出かけた時のこと。

彼女と大阪のUSJまで遊びに行った時、大阪府岸和田市育ちの友人から勧められた飲食店に行きました。
場所は大阪府貝塚市石才にあるお店で石才飯店といいます。

幹線道路沿いにはなく、片側一車線の裏道・府道30号線の踏み切り近くにある中華料理屋さんなので、探すのにちょっと時間かかりました。

私は地元民の友人から教えてもらってたのでお店を見つけれましたが、前情報がないと私のような旅行客は知らないままだったと思います。
お店は結構古く、昔から愛されてるお店なんだなって印象です。

外観からある程度想像ついてましたが、お店の中も昭和の香りがするような古さでした。

私は友人お勧めの麻婆豆腐定食と唐揚げ、彼女はチャーハンと餃子です。
お互い頼んだものをシェアしながら食べたので、一応注文した料理は全部味見はしてます。

やはり一番美味しかったのは麻婆豆腐定食ですね。
本格的でかなり辛めの麻婆豆腐なんですけど、ただ辛いだけでなく甘みもあってご飯との相性バツグンでした。
これを食べてから麻婆豆腐に対する考え方が変わりましたし、地元では一切麻婆豆腐を食べなくなりました。
同じ料理だと味を比べちゃいますし、地元の麻婆豆腐じゃ物足りなくなってしまうんですよね。

チャーハンとギョーザも美味しいかったですね。
どちらも中華料理屋の基本的なメニューですし、これがダメなら他の料理だってダメです。
しかしどちらもとても美味しいですし、これが隠れた名店かって思いましたね。
唐揚げは好みの別れるところですが、脂身は少なくて食べ応えのある唐揚げでした。
私はこういうのが好きなので、大満足です。

それ以来大阪方面に出かけた時や関空を利用した際にはちょっと遠回りしてても石才飯店に立ち寄るようにしてます。